レイクはなぜ総量規制対象外なのか?

レイクはなぜ総量規制対象外なのか?

レイクはなぜ総量規制対象外なのか?

新生銀行カードローンレイクはなぜ総量規制対象外なのか?レイクは、元大手消費者金融だったので、消費者金融のイメージが強いですが、今は新生銀行カードローンとして、貸付をしているので、貸金業者(消費者金融)ではないのです。

 

総量規制は、貸金業者に適用されますので、貸金業者から銀行貸付へ移行したレイクは、総量規制の適用を受けない、総量規制対象外になるのです。

 

新生フィナンシャルの「レイク」のままで営業を続けると、平成22年より開始となる総量規制の影響を受け、貸付は年収の3分の1までに縛られます。

 

しかし、新生銀行カードローンの商品として貸付を行えば、「銀行法」が適用となるので、実質年収3分の1の縛りは無くなるのです。

銀行カードローンのレイクの方が利用者もありがたい?

銀行カードローンとしてのレイクで融資することは、総量規制対象外だけでは無く、他にも多くのメリットがあります。そして、そのメリットは利用者のメリットにもつながるのです。

 

その為、貸金業者としてのレイクではなく、銀行カードローンとしてのレイクの方が、借り手側にとってみても良いことが出てきます。

銀行なら収入証明書不要で借りれる!

銀行カードローンとしてのレイクなら、収入証明書は100万円までは不要で借りられます。もし、貸金業者としてであれば、50万円を超える貸付又は、他の貸金業者と合わせた貸付が100万円を超える場合は収入証明書が必要になるのです。

 

これは、申込み者から見れば、非常にありがたいメリットではないでしょうか?収入証明書の取得に関しては、総量規制ができたことによって、新たに法律で義務化になった案件です。

 

以前までは審査に収入証明書は必要ありませんでしたが、年収3分の1の規制ができたことで、一定以上の場合には提出しなければならなくなりました。

 

要するに、カードローンの審査では収入証明書は審査に必要な時だけに提出すれば事足りたものを、法律によって強制的に提出が必要となっただけで、審査自体には、収入証明書はそれほど重要なことではないのです。

 

そうであれば、レイクなら100万円までは不要で借りられますので、消費者金融へ申込みするよりも、レイクへ申込みした方が提出書類が少なくなることもあるのです。

銀行カードローンでも最短即日振込融資が可能

もう一つ、レイクは銀行カードローンでも最短即日振込融資が可能となっています。(平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要です。※必要書類の確認が、平日14時以降になる場合は翌営業日のお振込みとなります。 )

 

これは元消費者金融だったからこそできるノウハウであり、実際に銀行カードローンで即日振込融資ができるところは、ほとんど無いのが現実なのです。

 

銀行カードローンでも即日振込可能と言うのは、レイクにとっても、利用者にとっても大きなメリットと言えるでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ