レイク審査

新生銀行カードローンレイクの審査

新生銀行カードローン レイクの審査

レイク審査

カードローンというのは物品の購入やサービスの利用など、何かの目的のために借り入れる証書貸し付けとは違い、利用者が借入金を自由に使うことができ、しかも、利用限度額の範囲内であれば借入の都度業者に申請しなくても、好きな時にお金をATMから引き出せるようになっています。

 

従って、業者は利用者が借入金を返済できるだけの経済力があるのか、借入金を返済する意思の強い人物なのかを見極めるために審査をすることになります。レイクも当然、審査にパスした人にしか借入を認めません。

 

レイクの審査で一番重要となるのが「安定した収入」です。カードローンの返済は通常リボルビング払いになっているため、長期間継続されることになります。いくら今現在高額な収入を得ていたとしても、仕事が無くなれば即時に返済不能という事態に陥りかねません。

 

従って、収入の多寡ではなく、安定的な収入が貸出の絶対条件になります。逆に、安定した収入があれば、パートや派遣社員でも借入ができます。

新生銀行カードローンレイクの申込み条件

満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方)は、お申込みいただけます。

 

レイクの審査では属性情報が重要となります!

属性の審査

そして、安定した収入を前提とした上で、利用者本人の属性情報も審査における評価ポイントになります。近年のカードローンにおける審査では、「スコアリングシステム」という方法によって利用者の借入における適正を判断しています。

 

スコアリングシステムというのは、長年のカードローン事業によって培ってきた膨大な数の利用者の履歴を利用者の年齢や年収、勤務先、雇用形態、勤続年数、住居、家族構成など、属性情報ごとに集約してグループ分けし、各グループにおける借入・返済実績を基に評価し、その評価を数値化したものです。数値データはコンピュータに入力されています。

 

そして、カードローンの申込者の属性情報をコンピュータにインプットすると、コンピュータのデータと照合され、申込者の評価数値が即座にアウトプットされます。

 

仮に、申込者と同じ属性グループに返済事故などが多ければ、申込者の評価は低い数値ではじき出されるため、融資不可となったり、利用限度額が低く設定されたりするようになります。

 

なお、信用情報機関から照会した申込者の信用情報も重要な審査対象になっており、信用情報に返済事故などのブラックリストの掲載があった場合は、その時点で融資が不可となります。

 

そして、現在は貸金業法による指定信用情報機関制度によってすべての利用者の借入、返済実績が信用情報機関に登録されており、また、審査においては必ず申込者の信用情報を照会することが貸金業者に義務付けられているため、過剰な貸付が防止できるようになっています。

 

ちなみに、レイクは新生銀行のカードローンなので、貸金業法の適用はありませんが、貸金業者である新生フィナンシャルが保証会社となっているため、貸金業者と同様な審査が行われています。

 

新生銀行カードローンレイクは銀行でもトップの審査スピード!

新生銀行カードローンレイクは、銀行融資になることから、消費者金融には無い多くのメリットを持っています。反対に、消費者金融だけのメリットも併せ持ち、利用者にとっては嬉しいサービスが満載なのです! 総量規制対象外によって、収入証明書は100万円まで不要でOK!提携するATM手数料0円!銀行で※即日振込融資可能など、カードローンの中で最高レベルのクオリティなのです。

実質年率

限度額

審査時間

即日融資

4.5%〜18.0%

最高500万円

画面に結果表示

※可能

総量規制

収入証明

パート・アルバイト

専業主婦

対象外(1/3規制無)

100万円以下不要

申込み可

融資不可

※即日融資は平日14時までに申込みと必要書類の確認の完了が条件です。

>>新生銀行カードローン レイク公式サイトはこちら<<



ホーム RSS購読 サイトマップ